老健看護師の採用基準

老健看護師TOP >> 老健看護師の基礎 >> 老健看護師の採用基準

老健看護師の採用基準

病院ではないというイメージから老健看護師は楽な職場と考える人もいますが、入居者の健康を維持するという大切な役目を担っています。

老健看護師の主な仕事は救命に関わる医療行為というより、入居者が日常生活を滞りなく過ごせるようにように健康面から補助や介助をすることです。食事やトイレの介助などはヘルパーさんがいますが、日々の血圧の管理やたんの吸引、薬の服用などの医療に関する面での仕事をします。入居者は糖尿病や腎臓病、心臓病などの持病を抱えている人も少なくありませんし、加齢による視力低下や嚥下障害に対する注意力も必要です。このような入居者の日々の変化を機敏に感じ取ることができるという資質を持っていること、そのためにはコミュニケーション力が重要なことから、老健看護師の採用基準としている施設は多いです。

また、老健看護師の採用基準に現場での経験をあげていることがあります。老人保健施設は病院で行なう高度の医療行為をすることはありませんが、医療に関する知識と医療現場での経験が豊富な応募者の方が、施設にとっては安心できるためです。入居者に健康問題が発生した場合には、待機する医師もしくは提携している医療施設と連携を取って最善の処置をするにしても、経験豊かな看護師の存在は大きいです。さらに病院勤務のように分業制ではありませんから、医療ばかりでなく、栄養やリハビリなどまで幅広い知識を持っていると採用基準をクリアしやすくなります。

日本人の平均寿命は年々高くなっていますが、それと共に社会の高齢化が進んでいます。施設も利用者も増加傾向にあります。老健には看護師の配置が法律で定められていて、入居者数によって人数の規定があります。一般的には入居者20人前後で1人の看護師の配置が標準的です。ただし、日勤・夜勤・休日などの勤務体系によってもう少し人数は増えることもあります。基本的には24時間365日体制で入居者の健康管理を行なっていますから、夜勤ができることを採用基準にしている施設もあります。

看護師はどのような医療施設でも不足しています。常に募集があることから勤務条件を選ばれなければ採用されやすいです。しかし、老人保健施設は一般の医療施設とは勤務条件が少し異なっています。常に患者さんに向き合っている現場ではなく、万が一に備えて待機をしている時間の方が長いという特徴があります。病院勤務とは違う緊張感が求められる職場です。入居者に健康的な問題がなければ看護師の仕事はほとんどありません。そのような状況での勤務も厭わないことも老健看護師の採用基準のひとつです。

老健の看護師求人に強い!看護師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
ナース人材バンク 無料 全国 株式会社エス・エム・エス 詳細
  • 第2位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 運営会社
  • 株式会社エス・エム・エス
マイナビ看護師 無料 全国 株式会社マイナビエージェント 詳細
  • 第3位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 運営会社
  • 株式会社マイナビエージェント
ベネッセMCM 無料 全国 株式会社ベネッセMCM 詳細
  • 第4位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 運営会社
  • 株式会社ベネッセMCM
看護のお仕事 無料 全国 レバレジーズ株式会社 詳細
  • 第5位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 運営会社
  • レバレジーズ株式会社

Copyright (C) 2013-2017 看護師求人老健.com【※老健に強い転職サイトはココ!】 All Rights Reserved.